災害対策としての埼玉三階建ての有用性

三階建て 埼玉

家を建てる事は、人生で最も大きな買い物です。ですから後悔はしたくないものです。一戸建ての家には、いくつか種類があります。一階建てのいわゆる平屋、二階建て、二世帯住宅、三階建てというのが主です。それぞれに特色がありますが、その家に暮らす人数によって変わります。一戸建ての家には三人以上から住む方が圧倒的に多く、大人二名から暮らし始めても、そのあと子供が二人くらい産まれる事を想定している方が多いです。また、祖父母と同居という方も多いでしょう。その場合はいくつか部屋が必要ですので、一階建てではよっぽど土地が広くないと難しいので、二階建てを建てる方がほとんどです。ただ今では三階建ての家もかなり増えてきています。ここでは埼玉で三階建ての家を建てる時のポイントやメリットをご紹介します。

埼玉で三階建てを建てる方が増えている理由は?

現在、家は圧倒的に二階建てを建てる方が多いですが、家を建てる時には建物だけではなく土地が重要です。土地は、もともと持っているか、購入するかになりますが、特にもともと持っている土地の場合はもう広さが決まっているので、そこに建てる家に何名が暮らすのか、何部屋必要なのか、車は何台停めるのかという事を考えなければなりません。土地の広さは限られているが、建てようと思っている家が二階建ての場合、部屋数が足りない、また二世代が住む場合はプライバシーを守る為にも二階建てではなく三階建ての方が良い、などという理由から三階建てを建てる方が多いです。埼玉は住宅も多いので土地を広く取れる事も限られますし、広い土地は価格も高くなります。その場合三階建ては色々な条件を満たしてくれますし、それ以外にもメリットがあります。

埼玉で家を建てるなら三階建てもおすすめです

三階建てのメリットは第一に、限られた土地でも駐車場スペースや部屋数が用意できるという事がありますが、他にもいくつかあります。二階建てよりも高い位置のため、風や光が取り込みやすく、三階にベランダやリビングがあればとても明るく気持ちの良い空間が作れます。また、フロアが増える事で収納スペースを多く取る事ができますし、ちょっとした空間を様々な事に活用する事ができます。また、店舗を運営している方や将来お店を持ちたいという方には一階部分を店舗スペースにする事もできます。そして、主な住居空間を二階以上にする事により、住む地域が冠水等の多い地域であれば自宅で避難生活を送ることもできるなど、家財や貴重品が水没するリスクもおさえることができるというメリットがあります。これから埼玉で家を建てようとお考えの方は是非三階建ても視野にいれてみてはいかがでしょうか。