埼玉で三階建てを立てる時の法的問題を簡単解決

三階建て 埼玉

埼玉で三階建ての物件を建てたい、また探したいと考えている場合、基本的には二階建てや平屋の建物よりも割高になってしまうことは覚悟しておかなくてはいけません。そのなかで少しでも良い、またはお得な物件を見つけるためには、三階建てのメリットをしっかりと発揮できる物件を選ぶことも一つの方法といえます。三階建ての場合、高さがあるため必要となる土地も少なくて済むことが大きな特徴です。そのため土地代の高い都市部を中心に三階建ての物件は多く存在します。せっかく三階建ての物件を探すのであれば、駅まで徒歩圏内のエリアなど利便性の高い地域を選ぶのもおすすめでしょう。他にも日当たりや風通し、見晴らしの良さは三階建てならではのメリットです。その点が活かされている物件であることも、暮らしを左右する大切なポイントといえます。

埼玉で三階建てを建てる時に損をしないためのポイント

埼玉に三階建ての物件を建てたいと考えている場合も、コストについていくつかの知識を覚えておいた方が良いでしょう。三階の住宅を建築するためには、法律上構造計算が必ず必要となっており、申請の際にも構造計算書を添付することが義務づけられています。壁の量や耐震性を必要最小限にまで抑えることができる二階建ての住宅と比べ、安全性のメリットと同時に建築費における高コストも避けることができません。また、土地の地盤が住宅の重みに耐えることができる状態であるのかどうかによって、改良費用が必要となってしまうケースもあるでしょう。しかし、例えば同じ居住空間である二階建てと比較した場合、必要な土地が少なくて済む三階建ての住宅を建てる方が総合的にお得となる場合もあります。新築として考えるのであれば、単純に住宅の価格のみで判断するのではなく土地の費用も含めて考えると良いでしょう。

埼玉で三階建てを建てるために覚えておくべき法律問題

家を建てるには、法律の規制を必ず受けることになります。普段あまり耳にすることはありませんが、建築基準法、都市計画法など建物を建てるための様々な法律が存在します。埼玉で三階建ての家を建てる場合も、例外ではありません。例えば、土地を探す段階で特に注意しなくてはいけないのが用途地域についてです。日本の場合、ほとんどの国土はその用途が定められています。そして、用途地域ごとに定められた建ぺい率、容積率の範囲で建物は建てられています。なかには低層住宅のための地域もあるため、三階建てなど中高層の建物を建てるうえで規制が厳しく定められている用途地域には注意が必要です。他にも斜線制限や日陰制限など、後々の建築プランに影響を及ぼす規制も存在します。規制の内容は地域によっても異なるため、事前にしっかりと調べておかなくてはいけません。早い段階で法律に詳しい設計の専門家に相談するのもおすすめです。

ポラスプランニングキューブ「暮し発見舘」は千葉県松戸市にございます。木のぬくもりを感じるポラスのショールームにぜひお越しください。自社で生産量・品質・精度において日本トップのプレカット工場を運営しています。浦和展示場は昭和初期のお団子やさんのような「ホッとする畳リビングの家」がコンセプトです。地域密着経営により、住宅価格に含まれる運搬費を大幅削減し価格に反映しています。三階建ての住宅を埼玉建築予定ならこちらの工務店をどうぞ!